子宮頚がん検診・乳がん検診
ホーム > 子宮頚がん検診・乳がん検診

子宮頚がん検診

子宮頚がん検診

逗子市の方は、妊娠している、または20歳以上で偶数の年齢の時のみ、公費補助のがん検診を受診できます。
葉山町の方は20歳以上ががん検診を受けることができます。
子宮頸がん検診は1年に一回必要です。必ず毎年検診を受けましょう。

乳がん検診

逗子市乳がん検診は40歳以上の方が対象で、視触診とマンモグラフィーになります。
葉山町乳がん検診は20歳以上の方が対象になります。20歳~39歳は視触診のみ、40歳以上は偶数年齢で視触診+マンモグラフィーになります。(40歳以上奇数年齢の方の視触診のみ検診はありません。)
アミノインデックスがんリスクスクリーニング

アミノインデックスがんリスクスクリーニング

・アミノインデックスとは?

アミノインデックスとは血液中のアミノ酸濃度を測定し、健康状態やさまざまな病気の可能性を明らかにする技術を活用した解析したサービスです。
現在は、がんであるリスクを予測する「アミノインデックス がんリスクスクリーニング(AICS)」検査が可能になりました。
 

・アミノインデックス がんリスクスクリーニング(AICS)とは?

アミノインデックス がんリスクスクリーニング(AICS:AminoIndex Cancer Screening)とは血液中のアミノ酸濃度を測定し、健康な人とがんである人のアミノ酸濃度のバランスの違いを統計的に解析することで、がんであるリスクを予測する検査です。
 

・女性AICS[2種]はどのようながんについてのリスクが予測できるのですか?

女性AICS[2種]は、乳がん・卵巣がんを対象としたリスクについて予測することができます。
子宮がん・卵巣がんは子宮頸がん、子宮体がん、卵巣がんのいずれかのがんであるリスクについて予測することができますが、それぞれのがんのリスクについて区別することはできません。
 
臨床アミノ酸研究会ホームページより抜粋
AICSを導入している医療機関に掲載されています。